きなこSPブログ

アラサーOLが身近なトピックをカジュアルに綴る

申し訳ないけど、二度と会いたくない人への断り文句を考えてみた。

f:id:kinako-sp:20190525140345j:plain

「友達の知り合い」をラインにてブロックしました。

 

申し訳ない気持ちもあるけど、自分の身を守るためです。

申し訳ない気持ちがあるから、ものすごいストレスなんだけどもw

 

直感で「もう二度と会いたくない」と思っていた子がいました。

会いたくないから誘いを断り続けていたのです。

 

だけど、断っても断っても「次はいつが空いてる?」と聞いてきます。

 

仕事は出来る子なのだと思う…。

 

結果としては、強引に誘いを断り、ラインブロックに至ったのですが、ソファから一歩も動いていないのに、仕事から帰ってきたタイミングよりも疲れました。

 

この出来事から、自分には合わなくて逃げた方がいいタイプの人にまた出会った時にどのように断るかを考えていきたいと思います。

 

同じ過ち、繰り返さない。疲れたくない。

 

そんでね、言いたい。

自分の文脈以外から出てきた登場人物はだいたい逃げた方がいい!!!!!!

(がちがちの偏見)

 

  

断るときにやってはいけないこと。それは嘘をつくこと。

嘘をつくと、精神的に疲労します。

私は真面目なので、とても疲れます。

やめよう。

以前の選択肢は「しょうがないから行くか」でした。

以前は、押されに押されて「しょうがないから行くか」「申し訳ないから行くか」という選択肢を取ってました。

 

でも、それはお金と時間をかけてストレスを買うのと同じです。

 

特に、自己評価が低かった時期は「こんな私を誘ってくれるから、この人はいい人だ」「いい機会だな」と謎の解釈をしていたんですね。

 

全然そんなことありません。

「この人ならいける」と思われているだけです。

気を付けましょう。

 

誰かを盾にして嘘をつくり、自分を守る。これはダメだ。

今回は強引に誘いを断りました。

 

そう、秘密兵器。

「嘘をつく」です。

 

とはいえ、メンタルは削れました。 

「どう見ても嘘」という嘘をつくと嫌な気分になりますね。まして、自分にとって大事な人を盾にして自分を守ろうとするのが本当に苦痛。

 

今回やっちまったね。最悪の気分だぜ!

 

事実だけど、時間軸がズレているという絶妙な嘘をついたのですが、嘘をついたことは事実なので、いい気持ちはしませんね。

 

誰かを盾にして断るのはストレス極まりません。

 

誰かを盾にするくらいなら、「土日は副業してるから空いてない」の方がはるかに良かったです。

 

(自分で作った予定で)埋まっているからダメだという理由の方が、嘘が自分の範囲内で収まるのでまだましです。

 

ボタン一つで二度とコンタクトを取らなくて済むけど、ボタンが押せない

設定画面から「ブロック」を押すだけ。

設定画面から「グループから退会」を押すだけ。

 

押すだけだけど、なかなか押せない。

 

わかる。

 

学生時代の友達のライングループ退会するのも、「出たい・・・」と思ってから半年くらい退会できず。

 

でも、やったら早いよ。ボタン一つ。

 

通知オフにしてても、赤ポッチはなくならないしね。

通知がなくなるだけで、けっこう良かったよ。

みんなには申し訳ないけど、あの時、毎日のようにたむろしていたけど・・・。

うん、もうね、情報いらない。

 

すまん!

 

今回は「やめてくれ」のタイミングでブロックをポチッ。

もう二度と誘われたくないと思ったので、ブロックしました。

ごめんなさい・・・。

 

今の私に出来るベストな手段が「ラインで突然のブロック」「ライングループからの突然の退会」しかないのです・・・。

 

この低スキル・・・。

ボタン一つ押すだけ。

これもこれで、けっこう自分にダメージ食らう。

 

ああ、なんか嫌な思いさせちゃったかもなってね。

 

相手方に慣れているというか、百戦錬磨っぽい雰囲気はあったけど、やっぱり生身の人間に拒絶の意を伝えるのは心苦しいものです。

 

うまい振る舞いをしたい。

 

ブロック以外で「ごめんなさい」の意を伝える方法は何か

ブロック以外の手段で何か「ごめんなさい」の意を伝える方法はないのでしょうか。

ラインでブロックする以外に何か「この人は誘っても無駄だ」と相手に思われればいいような気がする。

 

いやさ、人間関係低スキル勢の私としては「そんなの適当にやったらいいよ」「考えすぎだよ」「そんなことで悩んでるの?!」みたいな意見も聞こえてくるような気もするのですが、こちとら必死よ。

 

備えあれば憂いなし。

いざというときのために、断り文句のストックを考えました。

思いついただけ断り文句を挙げて、自分で評価していきます~!

 

使えるか?断り文句をストックするぞ!

仕事を盾に誘いを断る

「土日も仕事をしてるから予定が空いていない」

休日バージョンの断り文句。

これいいですね。誰も傷つかない。

ブログも書いてるし、YouTubeも見たいし、録画したクレイジージャーニーも見たいし、ヨガDVDもしたいし、ジムにだって行きたいし、スーパーにお買い得商品を買いに行きたいし、いっぱい寝たいし、ゴロゴロしたいし、ダラダラしたい。

 

やることないなんて私にはあり得ません。

 

これを全部「仕事」ということにしちゃうのはいいかもしれません。笑

 

以前はシフト制だったので、すべての断り文句は「その日はシフト入ってる」でした。

突如誘われても参加できないけど、本気で会いに行きたい人がいるときは希望休を取るからね。

コントロールしやすい。私にはシフト制の方が合ってるのかもしれない!

 

「平日は仕事が忙しいんだよね~定時なんてないも同然wwwwやばいっしょwwww」

こっちは平日バージョン。

仕事や会社のせいで、どうしても帰りが遅いというのは一番精神的にいい断り文句ですね~。

 

私の勤め先はブラック企業ではありませんが、帰りが遅い日もたびたびあります。

 

つまり、事実に基づいた「ごめんなさい」

 

草生やす的な感じが軽さを生みますねw

自虐だよ~みたいなwwww

 

仕事を盾にするのが一番気楽や~!

 

友達を盾に誘いを断る

「ごめん。その日友達と飲みに行く約束してる」

毎回毎回同じ断り文句になるかもしれないけど、手札として持っておくのはあり。

たま~にしか友達と飲みに行かないので、ぱっと思いつかなかった・・・。

普通は(?)週末に友達と飲みに行くという視点が抜け落ちていました。

 

覚えておこう。

 

「ごめん。その日友達と旅行行ってる」

う~~ん。ダメだな。

悪くはないど、うっかり次会うことになったら「お土産話」が必要になっちゃうかもしれない。

 

本当に旅行が好きだったら、大いにあり。

「旅行が趣味」というキャラ設定。

もう誘われなくなる可能性大。

 

毎週末、弾丸旅行に行く人という設定にしたら「おすすめスポットどこ?」とか聞かれるかもしれないので、本当はインドアで旅行に行かない人は、自分の首を絞めることになる。

 

私はやめておこう。

 

家族を盾に誘いを断る

家族を盾にするのは心苦しいのでNG。

今後一切使わない。

 

スキルアップを盾に誘いを断る

「最近、資格の勉強してるから時間取るの難しいんだ」

これはいいですね~!

仕事を頑張っている人、人生を頑張っている人という設定はポジティブで悪い気持ちはしません。

 

私も。相手も。

 

私の友達も「ごめん~!その日、試験直前だから会えない~!」「その日テスト~!」と言っていました。

 

シンプルに尊敬しました。

 

そうなろう。

 

「その日はヨガだから行けないや!」

習い事を理由にする。

いいね。素敵な理由。

もうやめちゃったけど、ヨガは始めてよかったことランキングの上位なので、気持ちよく断れます。

 

関連記事

www.kinako-sp.com

 

 

体調不良を理由に断る

「ごめん。ちょっと熱あるっぽい」

どう見ても仮病です。本当にありがとうございました。感が満載。

これはNGだな。

本当に体調が悪い場合もあるけど、あんまりね~wwwwないからね~wwwwww

 

夜になるまで様子見るという選択肢が増えてくるとめんどくさいし、仮病はやめておこう。

 

 

結論:仕事を頑張っている人、有意義に時間を使っている人と思われるのが精神的に一番よい。

仕事にまつわる理由や週末を有意義に使っている人物に思われるのが一番精神的にいいことがわかりました。

 

当たり前か。

 

正直、「その日は用事がある」で済む話。笑

 

なぜ詳細に予定を相手にシェアしようとするのか。

きっと私に根深いものがあるのでしょう。

 

お断りってむずいけど、

「会いたくない人に会わなくて何が悪い!!!どう考えてもベストじゃん!!!」

と思っていきたいものです。

 

そもそも合わない人に出会わないためにも有意義に過ごす!

仕事を頑張ったり、週末の時間を有意義に使ったりすることこそが、根本的に会いたくない人から離れられる(そもそも出会わない)よい方法かも。

 

隙が多い人は狙われやすいので、身を守る術を身につけて損はないです。

(私もめちゃめちゃ隙だらけの女です。自分でも危ないと思う)

 

他人からストレスを受けがちで、優しさから自らストレスに足を突っ込みがちな人。

 

こんなのはもう懲り懲り!

と思ったら、同じような出来事があった時のために、自分と向き合い、対処法を身につけていこう。

 

私、けっこう、今回がんばったよ・・・。

また、同じようなことで「ストレス!」ってなるかもしれないけど、確実にいい感じになってくるはずだから、あきらめずに行こう。

 

追記

紹介してくれた友達に謝罪と報告をしたところ、友達もブロックしたとのこと。

友達もたまたま出会った子だったからなぁ。

ちょっと安心しちゃった。

 

こちらもどうぞ 

www.kinako-sp.com