きなこSPブログ

アラサーOLが身近なトピックをカジュアルに綴る

平成のババアだと絶望する平成生まれの友達の友達に捧ぐ。幸せの旅路を行く方法。

f:id:kinako-sp:20190428182235j:plain
平成元年生まれの方~!私もいっしょです~!もうすぐ30歳。

 

でもさ、本音では「まだ若い」とか思ってない?27歳くらいの気持ちで生きてない?

 

私も。

 

てか、年齢とかどうでもよくなってきてる。

 

それより、今醸成したいのは「人としての魅力」

これに尽きる。

 

何かの申し込みの時に、プロフィールを書くと「あれ?わたし何歳だっけ?」ってならない?

申し込みの瞬間くらいだよね、年齢を認識するのって。

 

「は~わたし29歳か~知らなかったな~」って毎回思う。

 

 

さて。お題に沿った久々の投稿。(2回目)

 

テーマは平成です。

 

 

私は平成にしか生きていないので、書こうと思った次第です。

 

最近、友達が「令和になったら、令和生まれに平成のババアって言われちゃう。もう私に価値はない。若くなかったら人生終わりだ」とLineを送ってくる病み系の友達がいてツライと話してくれました。

 

そうだね。ツライね。まだ令和生まれは誰一人として誕生していないのに、何を心配しているのだろうね。

 

その話を聞いて、私は「くだらないことで自分を卑下しててちょっとかわいそう~もっと主体性もってこ~」と思っちゃったの。

 

そんなLine送って、構ってくれるのは下心のあるヤバいおじさんだけだよって教えてあげたい。

 

ということで、会ったこともない友達の友達に送りたいメッセージを平成に絡ませてお送りします。

 

若いor若くないの基準なんて超曖昧なんだから絶望する理由はない

若いor若くないっていうのは「誰にとって」っていう比べる対象によって毎回変わる。

 

そこ!そこを理解してこ。

 

うちのおばあちゃんは90歳。こんなおぼこい平成生まれが「ババア」とか言ってたら、たまげるよ。

 

アラサーで自分のことを「ババア」と自称すれば、ムッとされる方も数多くいることを忘れてはならない。

 

義務教育を受け、高校やら大学やらで人と交流し、きっとバイトとかで色んな世代の人と関わってきたでしょう。さらには就職までして、色んな世代の人、境遇の人と関わってきたでしょう。

 

それを踏まえて、「若さこそ至高」だったとしたら、あなたは一体何を見てきたの?

 

って思う。

 

平成のインターネットに毒されすぎてないかな。

顔が見えない、姿も見えない、なんとなく強くてわかりやすい言葉だから「ババア」とか「おばさん」を便宜上使ってる、っていう、そういう側面を理解していないのかな。

 

若さにこそ価値があるなんていう価値観に踊らされて「終わりだ」なんて主体性がなさすぎる。

 

終わらない。ぜんぜん終わらない。

 

病院とか行って高齢者に会ってみたらいい。

 

先長いな~って思うし、人間の生命力あなどれないな~とも思うはず。

 

あゆが教えてくれたじゃん「僕たちは幸せになるため、この旅路を行くんだ」って。

なりたい自分は平成にしかなかったのかい?と問いたい。

 

浜崎あゆみが「僕たちは幸せになるため、この旅路を行くんだ」って歌っていたから、幸せになるためにこの旅路を行こうよ。

 

カラオケで争奪戦になったVoyage、歌わなかった?自分で歌わなくても、誰か歌ってたんじゃないかな。

 

僕たちは幸せになるため、この旅路を行くんだって、我々の思春期にあゆが教えてくれた。

 

大事なこと教えてくれてありがとう、あゆ。

 

考えよう。幸せの旅路。

 

今はあゆじゃなくて、だれですか?あいみょん?けっこうな人生のヒントをくれるんじゃないかな、あいみょん。知らんけど。

 

全然知らない友達の友達に捧ぐポエミーな章

どうあれば自分が幸せと思うか、どういう自分でありたいか考えよう。

 

何に対して不安を持っているのか自分と向き合おう。

 

それを放棄して、他人に評価を委ねたら全然幸せになんかなれない。

 

一向に虚無。

 

一向になくならない不安。

 

人生の主導権を握ろう。自分で。

 

覚悟を持つこと。

 

自分を幸せにするために、この旅路に自分で責任を持つんだ。

 

他人に譲ることなく、自分で未来を選べ。

 

Choose Lifeってトレインスポッティングでユアンマクレガーが言ってたじゃん。

 

若くないと価値がない

 

の価値観に支配されているのであれば、アイデンティがないよ。

 

アイデンティがないと歌っていたのはサカナクションだけど、この曲はアイデンティを考えるヒントになるかもしれない。

 

あなたの悩みに対してのヒントはいっぱい転がっているのに、ヒントを掴めていないのはあなたの怠慢だ。

 

文化に触れよう。

 

茨木のりこさんの「自分の感受性くらい」とか読んだら稲妻が落ちるのではないでしょうか。

 

「お前を幸せにする。お前の不安はすべて俺が解消する」とかいう奴が現れるかもしれないけど、その人明日不慮の事故で死ぬかもしれないし、そもそもそんなの口から出まかせだからさ。

 

釣りバカ日誌のハマちゃんのプロポーズが受けられる自分であろうよ。

 

「僕はみち子さんを幸せにする自信はないけど僕が幸せになる自信はあります。」

 

まずは自分の不安はどこに由来するのかを見つけ出そう。そして、楽しそうな人になろう。

 

がっかりしてメソメソして、どうしたんだい?と慰めてくれるほど、みんな暇じゃないけれど、太陽みたいに笑う、きみはどこだいwow wowと忍たま乱太郎が構ってくれています。

 

wow wowと。

 

そりゃ、私は綺麗とか美人なタイプじゃないけれど、こっち向いて

 

と思うのであれば、椎名林檎を見習って、どうあがいても引き付けられてしまうその魅力がどこからくるのか研究しよう。

 

「平成のババア」というパワーワードを考察する

「平成のババア」が感じる不安は、年を取ることへの不安なんかじゃないと思う。

 

若くてかわいくなかったら結婚(彼氏が)できないかもしれない。

 

とかこんなもんだろう。安心したいんだよね。

 

みんなと同じ状況になって、なんとか自分を保ちたい。

 

わかる。

 

でも、若いという理由だけで一緒にいてくれる男性を魅力的に思うかな。

 

私だったら、そんな浅はかな人は嫌だね。

 

猛スピードで価値観とかなんやらが変わってるのに「若さこそ至高」とか令和に乗り遅れちゃうよ。

 

若さ以外に男性に「いいな」と思わせる魅力が私にはない

 

と勘違いしてるのであれば、せめて楽しく過ごそう。

 

男とかどうでもいい。むしろ、いったん恋人探しはやめよう。

その状態で探したところで、メンタル弱まり系が好きなやべー男しか近寄ってこないからさ。

 

自分が楽しく過ごす。これに集中するといいかも。

 

自分のことだけすればよい状況で楽しく過ごせていないのであれば、自分にとって楽しい生活を構築するチャンス。

 

誰にも邪魔されず、自分のペースで自分のライフスタイルを構築できる絶好のタイミングだね。

 

何をしているときに自分が楽しいと感じるのか。

 

きっと令和が始まったら、いろんなサービスや商品がキャンペーンするだろうから、興味のあることやったらいいし、買ったらいいと思う。

 

もしかすると、「平成のババア」は「誰にも愛されない自分」に酔っているんじゃないかな。

面白いと思って言っているのであれば、ちょっとごめん。何言ってるかわからない。

 

面白いやつはお笑い芸人に任せておいて。

 

センスの塊みたいな人たちに立ち向かおうとしているのであれば「平成のババア」は優勝ならず。

 

「私は平成のババア。もう私は終わり。」とか言ってる女は魅力的か?

 

もうすこし、客観的になった方がよさそうな気がする。

 

不幸であることで他人に構ってもらうという魂胆は平成の闇に捨て去ろう

そもそも。

 

誰にも愛されない自分っていうのを自ら選んじゃってないかな。

 

不幸であれば、誰かが構ってくれる。誰かが心配してくれる。

 

自覚症状なしで、不幸の道をあえて選んでしまっているのだとしたら、

自覚症状なしで、「私は誰にも愛されない」と立証するために、完璧に気の合わない異性を選んでしまっているのだとしたら、

 

あなたはあなたの今まで生きてきた指針を変えなければ、ハッピーエンディングにはなりません。

 

新しい時代の幕開けです

もうすぐ令和です。

平成くん、さようならしまして、ハッピーな環境を作っていきたいですね。

 

新しい時代の幕開けです、とか書いたけど、本当はあんまり思っていないです。

 

だって、朝目覚めて「やべ~時代変わったわ~」とかちょっと面白くない?wwwwギャグじゃんwwww

 

ジワジワと変わることはあっても、朝目覚めたら何かがめちゃくちゃ変わってるとか、あまりないと思うのだけど、どうなんだろう。

 

新しい時代の幕開けは自分次第です。

そこに、いいきっかけを与えてくれている令和。

うまく活用したいところです。

 

令和生まれに恐れおののく全然知らない友達の友達へ

そして、自分を卑下して勝手に傷ついていた過去の自分へ

今の私からのメッセージでした。

 

以上