きなこSPブログ

カジュアルな日記と雑記

わりといい歳だけど、フワちゃんのメイクを真似してる

こんにちは。30歳の会社員をやっています。

 

私はけっこういい歳なのですが、YouTubeが好きでして、御多分に漏れずフワちゃんが好きです。

 

見る抗うつ剤こと、フワパイセン

 

 

かわいいね。

 

フワちゃんをYouTubeで見すぎているせいで心理的距離感が近いので、徹子の部屋に出たときや偉い人に囲まれてテレビの未来を討論する番組を見たときには「頑張れフワちゃん!」とテレビの前で応援するレベルでした。

 

この「一度も会ったこともないのに勝手に友達的な距離感になっている」というのがYouTubeで活躍している人に対して視聴者が抱きがちな感覚だよね。これが災いして色々大変なことも多いと思うのだけど、だからこそ真似したくなるし、同じものが欲しくなる。

 

不思議なものですねえ。

 

さて、フワちゃんのメイクで印象的なのが目尻にチョロンと書いている黄色のアイライン。

 

最近は書いてないこともあるけど、おそらく自分でメイクをする時には書いているのでは?

 

最初からあったわけじゃないけど、このフワ氏の黄色ラインを真似したくてUZUの白のアイラインを購入。

 

黄色だとフワギャルだとばれてしまうので、白にしました。

 

UZUの白のアイライナー、30歳はどう使っているか

f:id:kinako-sp:20200802124151j:image

 

 この白色のアイライン、わりと「修正液付けてる?」という見た目になってしまうので、使うのがムズイ。

 

なぜフワちゃんが黄色を使うのかわかる気がします。黄色であれば修正液にはならない・・・・。

 

さすがに会社には白のアイラインをしていく勇気はないけど、休日のお出かけ時に「私のことなど誰も見ていない」という紛れもない事実があるので普通に使ってます。ということで、どういう風に30歳の女が若者なメイクグッズを使っているかシェアします。

 

※★の評価は私の適当な主観です。

※私はフワちゃんと似た感じの二重です。

※「目で見てわかる」素材のご用意したかったけど、どうにもこうにもうまくいかなのでやめました。笑

 

二重の線から書き始めるパターン

フワちゃんっぽく二重の線の延長線から跳ね上げる

難易度:★★★★★

ナチュラル度:★☆☆☆☆

なにげにこれが一番難しかった。

ブラック系のアイラインはガタガタになったらボカすというごまかし方があるけど、白は『描いた線がすべて』。なので、左右対称にするのが難しい。元々、跳ね上げラインが苦手なので、何がしたいか分からない線が修正液のようにちょこんと存在する不自然な仕上がりになってしまう・・・。未だにアイラインはうまく引けません。困ったものです。

 

二重の線を延長するように書き足す

難易度:★★☆☆☆

ナチュラル度:★★★☆☆

跳ね上げラインはどの方向に書いていいか、どこまで伸ばすか悩むけど、二重の線の延長線から、目の形と並行に適当に書いていくので、難易度が落ちる!いい歳でも、比較的自然だと思う。絶妙に顔の印象が明るくなって可愛いです。

 

この使い方はアリ!と思ったので、このメイクでもののけ姫見に行きました。

 

目尻から書き始めるパターン

目尻からスタートして跳ね上げる

難易度:★★★☆☆

ナチュラル度:★★★☆☆

目尻にオプションとして白ラインを書くパターンは難易度が下がる印象。跳ね上げラインが得意な方はなんなくクリアできると思う。私は跳ね上げラインが苦手なので、ちょっと難しい。

 

目尻からスタートして目の形に添って書き終わる

難易度:★★☆☆

ナチュラル度:★★★★☆

ブラック系のアイラインは引かないで、目尻にだけちょこんと白ラインを書くのが、一番簡単だと思った。イガリシノブもアイラインをあえて引かない方が本人の可愛さを引き出せる場合もあるってNHKプロフェッショナル仕事の流儀で言ってたし。さりげない感じだけど、ポイントになって可愛い。

 

このメイクもええやんと思ったので、これでスーパーに買い物に行きました。もう少し遠くに行きたい。笑

 

海外セレブの場合

LadyGaga「Rain On Me」に学ぶ白ラインのバリエーション

オフィシャルでパロディバージョン。

ここでも、白ラインがアーティスティックに使われてて、かわいい。パーティー用だけど。それにしてもこのパロディ、最高だよな・・・。

 

 

色んなメイクがあっていいね

メイクはトレンドがたくさんあって「あっちとこっちで言っていることが違う!」ということも多くて、混乱しますね。

 

私の所感ですが、個人の自由で好きなようにメイクしたらええやん?っていう空気感を感じる。これを読んでいる稀有なみなさまはどう思われますか?

 

私の心意気としては、人によって顔の造形も違うし、手先の器用さも違うのだから、やりやすいように自由にやったらええやんっていう心意気です。

  

メイクアップアーティストのイガリシノブさんが「自分のことをおばさんって言ったら、若い子たちが未来に希望を持てなくなるからそういうことは言わない」というようなこと言ってて、まじで素敵だったので私もその心意気でいたい。勝手に自分のことをおばさんだと思い込んで「いや~これをするのはちょっと・・・」と諦めちゃうのはもったいないと思うし、そういう心持が”素敵な女性”から離れて行ってしまうような気がします。確かに”年相応”っていうのはあるけど、TPOをわきまえて自由にさせていただきますというモチベーションで過ごしております。

 

何の話。

 

じゃあね。