きなこSPブログ

ズボラな暮らしぶり 筋トレ 美容 音楽 YouTube 料理 映画 etc…

体脂肪減、筋肉量増したので、どうして結果が出たのか考察します

f:id:kinako-sp:20181028234642p:plain

2018年8月26日の測定以来、久しぶりにInBodyで計測してきました!

体脂肪減、筋肉量増でした~!

体脂肪計というのは「誤差」がつきものなので、数値はあくまで目安でしかありませんが、やはり結果が数字で出てくると嬉しいです。

体脂肪が減り、筋肉量が増えるという超理想的な結果が出たので、どうして結果が出たのかを考察します。参考になったら幸いです。

体脂肪量と筋肉量の変化

 身長は自己申告制で164.7cmとしています。

f:id:kinako-sp:20181028192022j:image

結果はこんな感じ。多少といえば多少ですが、何もしなかったら何も変わらないはずなので、良しとしています。

成果を上げたのではないかと思われる要因

  1. 食事を気を付ける
  2. 筋肉量の多い下半身を中心にトレーニングをした
  3. ジムに週2回行くことを目標にした

3点は意識して取り組んだことです。

しかし、道半ば、私は腰を痛めてトレーニングを中止しています。

その間の食事の意識が今回の数値に出ているような気がします。

1.食事を気を付ける

腰を痛めたと同時に仕事が忙しくなり、眠気対策で昼食の摂取カロリーちょっと減らしつつ、たんぱく質を意識した

腰を怪我したため、しばらくジム通いはストップしました。その間に、仕事が比較的忙しかったので、「昼食をお腹いっぱい食べないで、午後の眠気を撃退」というライフハック(?)を実施しました。

ほかに、

  • 眠気対策と小腹対策にコーヒーを飲む
  • 小腹がすいたら「野菜一日これ一本」を飲む
  • おやつはグミを選ぶ(脂質が0gだから)

ほぼ無意識だったけど、間食も工夫していました。

食事を調達するときの最大のポイントは栄養成分を必ず確認すること

ここがポイントかと思うのですが、

必ず栄養成分を見る

これが大事なんじゃないかと常々思っています。「500キロカロリー以下、もしくは前後、脂質は少なければ少ないほどいい、たんぱく質20gあったらマジ最高」というゆるいルールで昼食を調達していました。炭水化物はあまり重要視していません。

※ちなみに、糖質制限も脂質制限も本質的にはカロリー制限による体重減少だと私は考えています。加工品は脂質で「うまみ」を演出していたりするので、脂質は数字を確認しています。

一例ですが、セブンイレブンのこちらをよく食べていました。若干脂質は妥協し、美味しさを優先させたような気がします。

f:id:kinako-sp:20181028194330j:plain

私は以前からの習慣で、当たり前のように成分を見てから購入しています。

「どう考えても余計なおやつ」を買うときも必ずチェックします。そうすると「こっちの商品はどうかな?」と比べ始めます。

これで食事の選び方が身についてきます。

ちょっとでも「体重減らしたいかも」と思っている人は、カロリーが低い方を選ぶはずです。カロリーが同じくらいだったら、脂質が少ない方かタンパク質の多い方を選ぶか、お腹いっぱいになりそうな方にするか、「迷うくらいなら買わない」にするのもいい。

衝動的に買う前に、ちょっと内容を確認するこの時間のブランクこそが、食事をコントロールすることにつながると思います。

栄養成分を見て購入してどれくらい成果がでたか

結果的にどうなったかというと、2週間くらいで1.5キロくらい体重が減りました。

あんまり大きな数字ではありませんが、全然変動のなかった体重が久しぶりに減ったので、成果が出たなと思った次第です。特別空腹に耐えていないところもポイントかと思います。

レーニングをしておらず、食べずに痩せたという自覚があったので、減りすぎているなと思った翌日からラーメンを食べたり、プロテインを飲んだり、食事量を増やして、今の体重になっています。

2.筋肉量が多い下半身を中心にトレーニングをした

レーニングはやってもやらなくても結果が出る

下半身と背中はマストで取り組んでいますが、腕や腹筋はあまり力をいれてトレーニングをしていません。そこでみてください、これ。

f:id:kinako-sp:20181028183613j:plain

前回がこれ

f:id:kinako-sp:20180827220334j:plain

 右腕、左腕、体幹の筋肉量は減少か横ばい、スクワットで頑張った分は筋肉量が増えています。

前回測定したときは、パーソナルトレーニングに週1で通って成果が出ている時期だったので、いいメニューが行えていたんだなと思いました。

休養していた面影を感じると同時に、「やった分の結果が出る。やらなかった分ももちろん結果が出る」という当たり前のことが数値に出ています。こんなに素直に数値に出ちゃうとは、驚きです。取り組むメニューも見直す時が来ているのかもしれません。

3.ジムに週2回通うことを目標にした

週2回ジムに行けているのか

腰が痛すぎて、お医者さんに「痛みがなくなるまで筋トレ禁止」と言われたときは、さすがにジムには行っていません。運動も通勤と業務に必要な分だけ。

でも、腰の痛みが取れてからは行けています。

ジム通いが続けられるの要因として考えられるのは

  • 自宅から徒歩10分以内の最寄りのジムに入会した
  • 洗濯が面倒くさいから、タオルレンタルのオプションを付けた
  • 結構お高いけど、素敵なウエアを買った

だと思われます。

ジムに通うハードルを極力下げよ、という先人の教えは本当です。継続が大事です。

素敵なウエアはまじでモチベーションが上がるので、お気に入りを購入することをおススメします。

まとめ

筋トレの成果は少しずつ出ています。やったらやった分だけ結果が出ていて、やらなかったらやらなかったなりの結果が出るということが数値から読み取れました。

案の定、食事が重要というのが結果にも表れています。

どれもこれも、よく言われていることばかりで、真新しいことは全然していません。

  • 自分ができるトレーニングをする
  • 多少できないときがあっても諦めない
  • 食事は食べ過ぎない
  • タンパク質を摂る

などの「健康のために必要なコト」や「筋力アップに必要なコト」を続けるだけです。地道に継続というのが結果を出すポイントだなと思います。

数値ももちろん大事ですが、「身体にいいことしてるな」という気持ちよさというのもトレーニングのメリットだと思うので、数値だけでなく「気持ち」も大事

誰かに「やれよ」と言われているでもないことなので、楽しくジム通い&トレーニングを続けたいです。

Infoよかったら購読してください^^

このブログの
follow us in feedly