きなこSPブログ

アラサーOLが身近なトピックをカジュアルに綴る

英語しゃべってみたい。中学英語から始める英語の学びなおし。

f:id:kinako-sp:20181014120855p:plain

腰の痛みも解放に向かい、元気を取り戻しつつあります。そろそろジムに通えるかな。

腰が痛くなり、「第4頸椎と第5頸椎の間が異常に狭い。精密検査(MRI)受けた方がいいんじゃないの」とお医者さんに言われて一通り落ち込んだあとに「筋トレは休んで、ほかの事しよう」と始めたのが英語の勉強です。

どうやって英語の勉強しようかなと考え『英語が好きだった頃まで遡って、同じように勉強する』という方法に落ち着き、ようやく楽しくなってきました。

今日は私がどうやって勉強を進めているのか書いていきたいと思います。

勉強と言えないほど手軽なリスニングから開始

机に向かって勉強を開始しても挫折しそうと思ったので、通勤時間を利用してリスニングから学習を始めました。

 「今の私でも”読める”英語の本が欲しい!」と本屋を探し回った結果、こちらの本に行き着きました。シンプルな英語で、ほどよい短さの昔話が18話ほど収録されています。

 

CDが1枚ついていますが、アプリが超便利です。

 

語学プレーヤー〈NHK出版〉

語学プレーヤー〈NHK出版〉

  • NHK Publishing,Inc.
  • 教育
  • 無料

 

語学プレーヤーをスマホにダウンロードして、本に掲載されているパスコードを入れるだけで音声がスマホで聴けるようになります。情報入力などの手間はありますが、私のパソコンはCDドライブがないので、とても助かりました。

語学プレーヤーを起動して電車に乗り込み、集中してリスニングするだけというのを毎日の日課としています。

そして、会社から帰宅し、気分が向いた時だけテキストを開いて音読。力尽きていたら読まないです。

こちらの音声。効果音が入っていたり、感情豊かに物語を朗読してくれるので「今の単語よくわからないな」と思っても「効果音で羽音が聞こえるからこの単語は”虫”みたいな意味だな」と物語の流れもわかります。

帰国子女と間違われるほど英語が堪能な友人に「英語しゃべりたいんだけど、どうすればいいの?」と質問をしたところ「アタシ、まじ英語うまい。天才」と思い込んで英語を読むといいよと教えてくれたので、教えの通り「アタシ、まじ英語うまい。天才」と思い込んで、このテキストを音読しています。

大人になってからの英語の学びなおしは、お手本を真似るしか方法がないので、思いがけず発音がよくなるんじゃないかと感じています。

 

伝えたいことを英語で組み立てるための文法学習

音読も慣れてきたので、英語で日記でも書いてみようとノートに書いてみましたが、全然書けません。聴けるのと、書けるのには大きな差があることに気づきました。

なので、文法も必要だと思い、また本屋に行って全然難しくない本を見つけました。

 この本、ABCを書くところからスタートしています。びっくりするほど親切です。いい感じに「英語を思い出す」ことができます。

「いやいや~こんなの~」と思うなかれ。意外と忘れちゃってます。すっかり英語なんて忘れちゃったよという方はこれくらい易しいところからスタートすると、学習が捗ります。

 

今の学習状況

この2冊はまだ途中なので、2冊とも1周するまで、これら以外のことはせずに地道にやっていこうと思っています。正確に言うと勉強というよりは「思い出し作業」なので、頭の体操という感じ。脳の若返り効果も期待したいところ。

 

英語の学習方法は王道が一番なのではないかという結論

リスニングと音読、そして文法という超王道な学習形態ですが、これがジャストフィット。無理がない。全然無理がなくて本当にできる。中学英語は超重要だったんだなと感じます。

「今日の天気はどうですか?」「今日は何曜日ですか?」

みたいなのがスッと出てこない人は、いったん全部を忘れ切ったことにして中学英語の学びなおしが効果的なんじゃないかと思います。よく言われていることだけど…。

 これだけ簡単だと「私できる!」と思えるので、それだけでモチベーションになります。

 

今後の目標

私は駅で見かける外国人観光客に「東日本橋に行きたい」と言われて、案内できるような人になりたいと思っています。なので、今愛用しているテキスト2冊が終わったら、オンライン英会話を試してみたいな~と思っています。

今、オンライン英会話をやっても何も言えずに終わるだけなので、基礎固めの段階でしょうか。「実際にしゃべる」ところまで頑張りたいです。

 

英語しゃべれるようになりたいと思ったきっかけエピソード

以前、国内の旅行先でおしゃれなドミトリーに泊まった際に、共有スペースで歯磨きをしていたところ、宿についた韓国人の女の子に「ねえ、受付ってどこ?人がいないんだけど?私泊まれないの?どうすればいいの?」と英語で訴えられました。(最初は韓国語だったけど「アイムジャパニーズ」と言ったら結構がっかりされて、英語で話してきました)

「reception」がわからずに「プリーズウェイト」してもらって、googoleに「reception」と投げかけました。

「受付」と出てきたので言いたいことを把握し、「今日の受付は終わりました」と伝えたかったのですが、どう言っていいかわからず、またもgoogoleに頼りました。

 

そこで、出てきた英語が簡単すぎて「こんな簡単な表現すら出てこないのか」とちょっと自分に失望したことが、英語学習のきっかけです。

 

その時は、googoleが提示した英語を読み上げて会話をしました。

「え?!あたし今日どこにも泊まれないじゃん!どうすればいいの!?」とヘルプを訴えていましたが、私は「アイドンノー」と返しました。

しかし、彼女は今日の寝泊まりが左右される危機的状況なので、引き下がるわけもなく「ねえ!!!!!助けてよ!!!!!」みたいな感じだったので、なにもしない訳にもいかなくなり「ゴートゥギャザー」して誰もいない受付に行き、スタッフを探しました。

友達も巻き込んだ結果、友達がスタッフに連絡する用の電話を見つけ、スタッフへの連絡に成功。彼女は事なきを得ました。

 

もう少し、人の助けになれるくらいの英語力は欲しい。でも、仕事で使うわけでもないので、中学英語で十分です。一度身に付いたことを思い出す作業ですが、なかなか楽しいです。

Infoよかったら購読してください^^

このブログの
follow us in feedly